精神的ストレスによる薄毛の悩み

精神的ストレスによる薄毛の悩み

 

精神的なストレスから、自分で無意識のうちに、自分の髪の毛を抜いてしまう場合があります。

 

こういった病的な抜毛癖を自虐的脱毛(トリコチロマニア)と呼ぶようです。

 

これは大人よりも子供によく見られる精神疾患だそうで、学校や塾などでストレスが重なったり、親やまわりの人間の関心を引くための自己アピールではないかと見られているそうです。

 

 

髪の毛は心と身体の状態を反映しているともよく言われます。

 

心と身体は健康や精神の状態だけではなく、その人が置かれている生活環境の影響も多分に受けているものでしょう。

 

そうなると育毛ケアというものも、育毛剤や育毛シャンプーに頼るだけではなく、心理的なケアも大切になってくると言えそうです。

 

 

若い世代の男性では、会社での毎日の長時間労働による過労で、脱毛症を発症したケースもあるといいます。

 

髪の脱毛症状だけでなく、身体のあらゆる場所にトラブルが現れることもあるようです。

 

そんな心と身体の不調は、ストレスを解消することでしか改善しないものですが、現代社会に生きているとそれも簡単にはいきません。

 

 

「会社を休まないと治らない」とはわかっていても、休んでしまえば仕事の評価に関わる、最悪クビになってしまうと考えると休むわけにはいかなくなります。

 

健康を犠牲にしないと通用しない働き方を強いられる、そんな社会だから、若年層にまで薄毛の悩みが広がり続けているのだと言えるでしょう。

 

 

人気の関連記事

 

イクオス 効果口コミ※実際に3ヶ月以上使ってみた感想です

 

 

イクオスで頭皮の赤みが無くなった?M-034という成分が効いたみたい

 

 

育毛剤イクオスは副作用がある?

 

 

イクオスは女性にこそ使って欲しい天然成分育毛剤

 

 

イクオスの育毛効果はおでこが広い男性にも期待できる?