ヘアダイが髪と地肌に与えるダメージ※接触皮膚炎の原因にも

ヘアダイが髪と地肌に与えるダメージ※接触皮膚炎の原因にも

 

最近はヘアカラーをする人が増えていますね。

 

男女年齢関係なく、髪を染めることもファッションのひとつの要素となっています。

 

 

その髪染めをした時に、頭皮や顔が赤くなってしまったというような経験はありませんか?

 

ヘアカラーによってアレルギー性の接触皮膚炎を起こしたり、頭髪を傷めてしまう人が少なくありません。

 

ヘアカラーにも用途や持続期間の違う多くの種類がありますが、かぶれなどの原因になるのは、ヘアダイなどの永久染毛剤に含まれるPPD(パラフェニレンジアミン)という成分です。

 

 

ヘアダイを使ってかぶれやすいのは、頭皮よりも顔のほうです。

 

そのため、かぶれの原因がヘアダイだと気づきにくいことがあります。

 

もし、髪を染めた後に顔が赤くなったり、かゆみや皮がむけるという症状が出てきたら、それはヘアダイによる接触皮膚炎の疑いがあります。

 

このようなアレルギー性の接触皮膚炎は、アレルギーの原因物質を何度も使っているうちに感作(原因物質に反応すること)が起こります。

 

そのため、今まで使ってきて問題がなかったことから、ヘアダイを使ったせいだとは判断しづらいことがあるのです。

 

 

かぶれは繰り返しやすい

 

一度かぶれがでると、その後何度もくり返し症状が出ることも多く、だんだんと悪化して重症化するケースもあります。

 

毛染めが原因のかぶれが起こった場合は、できるだけ早く、皮膚科を受診するようにしましょう。

 

ヘアダイなどによるアレルギー性の接触皮膚炎の治療には、その症状に応じたステロイド外用薬を使います。

 

 

かゆみがある場合には、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬などの内服薬が必要になることもあります。

 

顔の皮膚はほかの場所に比べて薄いために、塗り薬を吸収しやすく副作用が出やすい傾向があります。

 

そのため医師も弱めのステロイド剤を処方することが多いようです。

 

副作用を起こさずに確実な効果を得るためにも、必ず薬の用法用量を守りながら使うようにしましょう。

 

 

人気の関連記事

 

イクオス 効果口コミ※実際に3ヶ月以上使ってみた感想です

 

 

イクオスで頭皮の赤みが無くなった?M-034という成分が効いたみたい

 

 

育毛剤イクオスは副作用がある?

 

 

イクオスは女性にこそ使って欲しい天然成分育毛剤

 

 

イクオスの育毛効果はおでこが広い男性にも期待できる?