若白髪が起こる原因

若白髪が起こる原因

 

日本人の生まれつきの髪色は黒、もしくは茶色です。

 

そのため、少しでも白髪があると、とても目立ってしまうことになります。

 

加齢に伴って増えてくる白髪ですが、20代、30代から増え始める「若白髪」に悩んでいる人も多いようです。

 

 

若白髪は若ハゲと同じく、遺伝の影響が大きいと言われています。

 

ただ、遺伝のせいではなく、生活習慣やストレスによる血行不良や、ホルモンの分泌異常が原因となることもあるようです。

 

 

髪の色を決定するのは、頭髪に含まれるメラニン色素になります。

 

毛髪を生み出す毛母にはメラノサイトと呼ばれる色素細胞があります。

 

このメラノサイトによって作られるメラニン色素が毛母細胞に取り込まれて、毛母細胞が分裂して毛髪に変化する過程で色が定着していきます。

 

年齢が増すごとに新陳代謝が衰えて、メラニン色素が作れなくなり白髪が増えていくことになります。

 

 

白髪になるメカニズムは、それが老化によるものでも若白髪であっても、まだ完全には解明されていません。

 

そんな背景から、白髪の予防法や治療法は確立されていない、というのが現状になります。

 

研究自体は進められていますから、今後、白髪を予防したり進行を食い止める方法が出てくるかもしれません。

 

 

人気の関連記事

 

イクオス 効果口コミ※実際に3ヶ月以上使ってみた感想です

 

 

イクオスで頭皮の赤みが無くなった?M-034という成分が効いたみたい

 

 

育毛剤イクオスは副作用がある?

 

 

イクオスは女性にこそ使って欲しい天然成分育毛剤

 

 

イクオスの育毛効果はおでこが広い男性にも期待できる?